太陽光(ソーラーパネル)でモバイルバッテリーを充電

11月中旬にソーラーチャージャー購入してから一ヶ月が経ちました。

いいですね。

楽しいです。

晴れの日がワクワクします。

モバイルソーラーパネル(チャージャー)を買ってみた
以前からソーラーパネル気になってます。 モバイル用はソーラーチャージャーって呼び方の方が多いのかな? いくつかブログ拝見...

物干しざおにぶら下げたり、屋根に置いてみたり、数種類のモバイルバッテリーを充電したりと、まだまだ試行錯誤実験中。

今回の記事では書きませんが、12Vのバッテリーを購入してつないじゃったり。。。

今のところ、

  • 私のスマホ,モバイルWiFi
  • 妻のスマホ(2台)
  • ラジオ(radiko)用のスマホ
  • 充電電池(ニッケル水素)

が太陽光で賄えてる感じです。

スマホは日中持ち歩いているのでモバイルバッテリーを活用しています。

利用しているモバイルバッテリーの一つで、SIMフリースマホを購入した時についてきた4000mAhのバッテリー。

UNIQ Power Card 2.1A 大容量4000mAhモバイルバッテリー 極薄/軽量 ブラック BP001A2G
by カエレバ

薄くて充電が早い。

実験したのは12月18日(金)。

天気は気持ちいいほどの晴天。

DSC00583

実験開始は11時。

ソーラーチャージャーはベランダ横の屋根に敷いてほったらかしてみました。

ベランダ隣の屋根に置いたソーラーチャージャー

日当たりの良い場所にソーラーパネルを置くためにUSB延長ケーブルを利用。

まずはソーラーチャージャーのコントローラーにUSB延長ケーブルを接続。

ソーラーチャージャーにUSB延長ケーブルをつなげた図

延長ケーブルの先に電圧・電流チェッカーを接続し、その先にモバイルバッテリーを接続。
USB延長ケーブルとチェッカーとモバイルバッテリーをつなげた図

電圧,電流を測定できるRouteRのUSBチェッカー。
USB電圧/電流チェッカー

コチラがモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーUNIQ 4000mAh

表面、大分すれてますが、、、。

電圧,電流がどのように変化するかデジタルビデオカメラで撮影してみました。(動画は後日追記予定)
撮影風景

黒と白のクリップみたいなやつは、チェッカーをカメラに向けるために使ってます。

カメラも含めてこんな感じの実験環境になりました。
ソーラーチャージャーも含めた撮影風景

実験を開始すると電圧4.5V,電流が0.9A前後で表示されました。

なかなか良い数字じゃないでしょうか。

電流が0.9A程度

ず~っとみてる時間がないので、、、そのまま夕方までほったらかし。

日が傾き始めた3時頃、様子を見に行くと、充電は終わっておらず、電流がかなり弱い。。。

以前充電した時は3400mAh程度で充電完了してて、この時はまだ3300mAh。

充電完了まであと100mAhくらいか、、、でも流れてる電流が0.2A程度。

終わりそうになかったので、パネルの角度を変えてみました。

夕方になって電流が弱くなってきたので半面角度を変えてみた

が、ほとんど変わらず。

少しだけ電流が増えた

そうこうしている間にさらに日が傾いてきた、、、そこでベランダの柵にぶら下げることに。

太陽が沈みそうだったのでベランダの手すりにかけた図

もう本当、ダメかな・・・と諦ていましたところ、直後にモバイルバッテリーのすべてのLEDが点灯~(^^♪

全てのLEDが点灯し充電完了

日没直前に充電完了しました!

何とか充電が完了した

チェッカーで流れる電流もゼロに。

電流が0

かかった時間は約5時間。

そして、ソーラーチャージャーに日が当たらなくなり、

太陽が沈みソーラーチャージャーに太陽が当たらなくなった

チェッカーの数値も表示されなくなりました。

チェッカーの数値も消えた

もう少し早い時間から充電してれば敷きっぱなしでも大丈夫だったかな?

撮影していた動画は後日追記します~。

—–追記

動画をYOUTUBEにあっぷしました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク