リンゴ発泡スチロール箱プランターの追加とスイカの手入れ~3株中、1株間引き、1株移植~

なんの種類のスイカか不明ですが、、、5月5日に次男と蒔いた種。

次男と発泡スチロールの箱に植えたスイカの種

5月21日には立派な芽が出て、

スイカ

約一か月後の6月22日にはこの通り。

手入れ前のスイカ(リンゴ発泡スチロール)

途中で適当に間引いて3株にしてあります。

このプランターでは1株が限界かな~と思い、

  • 移植:新しいリンゴの発泡スチロールへ移植した株
  • 間引き:残念だけど間引いた株
  • 残した:そのままの株

で調整してみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リンゴ発泡スチロールプランター追加

スイカを移植するプランターを探してたんですが、運よく市場関係の仕事している父からリンゴが1ケース送られてきた。

リンゴの発泡スチロール

深さ18cm程度で浅すぎなんですが、、、わざわざ買うのもな、、、

底に穴を4か所開けたリンゴの発泡スチロール

底に水抜きの穴を4か所開け(大きさバラバラ・・・)、

穴に植木の破片置いたリンゴの発泡スチロール

植木の破片を乗せて土と腐葉土を入れました。

スイカを移植し、ついでに小さなナス2株とイタリアンパセリの苗を添えてみた。

新しいリンゴ発泡スチロールに移植したスイカとナスの苗

こんなんで育ってくれるかな?

スイカとナスの相性が分からないんだよね。

岡本さんのセミナーに行った際、

「一緒に食べておいしそうなものを混植するといい」

って言ってたから、、、スイカとナス、、、残念ながら合ってない。

でもナス、、、市民農園の畑も一杯で植えるところが無くてね。。。

まぁ、何事も実験って事で。

間引いた後の発泡スチロール、すでにツル無インゲンが植えてありましたが、こちらにもナスを1株追加。

間引いた後の発泡スチロールプランター

成長が楽しみですな。

スポンサーリンク
スポンサードリンク