DV基本計画(第2次)策定にあたっての市長への提言

26日(月)に第三回の蕨市男女共同参画推進委員会へ出席してきました。

たったの二回だけですが、、、委員メンバーで意見交換して作られた8つの提言を市長へ提出させていただきました。

いずれ提言と議事録が市のホームページにも掲載されるかと思われます。

男女共同参画推進委員会 – 蕨市公式ホームページ

提出後に記念撮影して市長は業務へ。

その後、委員メンバーで「男女共同参画に関する意見交換」タイムとなりました。

この日は提言を渡すだけだと思ってたので何も考えてなかったんですが、関係ないかもしれないけど二つほど意見行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

個人事業主の育児休業給付金

好きで個人事業主やってるんだからあるわけないだろ!って突っ込みはあると思いますが、、、

世の中、

女性活躍推進法特集ページ |厚生労働省

が出来きたり、蕨市でも、

  • 「蕨市審議会等への女性の登用促進要綱」
  • 「女性の多様な働き方を支援する事業」
  • 「起業を目指す女性のためのフェスティバル」

があったりと女性も活躍しましょう~って動いてますよね。

その中の起業ってところが気になった。

実際に起業される方が増えてるかは知りませんが、例えば個人事業で起業した場合、子供に恵まれて出産した後って手当ってないんですよね。

出産前に正社員であれば雇用保険で育児給付金がありますよね。

もらってた給料の半分くらいは出るのかな。

少しは安心して子育てできますよね。

その安心を個人事業の場合でももらえるといいのかなって。

専業主婦でも育児給付金あっていいんじゃない。

よからぬ事を考えるやからはいると思うけど。

因みに我が家は

  • 長女,長男出産時
    私:正社員
    妻:専業主婦
    →出産後も収入に変化なし
  • 次女出産時
    私:稼ぎのない個人事業主
    妻:パート(ネイルサロン)
    →出産後は妻の収入ゼロ
  • 次男,三女出産時
    私:主夫(個人事業主)
    妻:正社員(ネイルサロン)
    →雇用保険で育児給付金あり

といった感じでした。

本当、稼げない個人事業主だったので次女出産時はサラリーマン時代の貯金を毎月切り崩してました。

あっ、今は主夫業に力注いでて、その頃より稼ぎ少ないので、、、その頃から貯金は全く増えてませんが。。。ってか減ってるよね。。。

子供が小さいときは親がそばにいるべき

ってのも言ってみました。

「女性の活躍」ってのに水を差すようですが、

父親でも母親でもいいので小学校終わる位までは傍にいてあげた方がいいと思ってます。

出来れば小学校に上がるまでは育児に専念してもらいたい。

可能であれば女性に母乳で育ててもらいたい。

これって大きくとらえると今回のDVにも関係してくると思うんですよね。

委員の方からも賛同の声がチラホラと。

保育園を増やして待機児童を減らすとかなんか違うと思うんだよね。

被害者って子供なんじゃないかな。

そんなこと言っても片親だったり、母乳が出なかったり、子供産めなかったり、子供が嫌いだったり、パートナーの理解がなかったり、、、

まぁ、きれい事言ってるだけです。

我が家も専念ってまでは行ってないし、保育園預けてるし。。。

傍にはいるようにしていますが。

さて、今年は委員活動終了で、来年度、また3回活動するみたいです。

って事でまた来年。

スポンサーリンク
スポンサードリンク