イーモバイルLTE(GL02P)でVPN(PPTP)できない時の3つの解決策(三つ目)

–2013/7/18追記–

え~、2012年10月頃からLTE経由でもVPN(PPTP)繋がるようになってたみたいです。。。

LTE(e-mobile)経由でPPTPが使えるようになっていただと! | Webに関する調べ物の記録

–2013/7/18追記ここまで–

LTEでVPNできない時の3つの解決策について、三つ目を説明。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「3.自宅のパソコンを遠隔操作してファイルを共有(Dropbox,メール,etc)」

最近、遠隔操作されたパソコンで悪事を働くニュースが放送されますが、ご利用の際は悪用せず、悪用されないようご注意くださいませ。

さて、一つ目と二つ目は対応したネットワークHDDを購入する必要があるので費用が掛かりますが、三つ目の方法は費用が掛かりません!

といっても、外出先から自宅のパソコンを遠隔操作するので、自宅兼外出用のパソコンしかない場合等はダメですが、、、(+o+)

それと、操作される側のパソコンの電源が入っている必要があります。。。

使うサービスは、TeamViewerです。

いままで、RealVNCとかpcAnywhereの遠隔操作ソフト使ったことありますが、一番使いやすい気がします。

これが無料(個人利用)ってのにはびっくりです。

TeamViewerを使って自宅PCに接続できれば、

  • 自宅PCを遠隔操作して直接ファイルを編集する
  • 自宅PCを遠隔操作してファイルをDropboxにアップロードする
  • 自宅PCを遠隔操作してファイルをメールで送る
  • TeamViewerのファイル転送機能で操作する側のPCにデータを転送して編集する
等々、自由にファイルを操れます。

無料で使った場合は、切断した時に「無料のセッションです」的なコメントが表示されます。(たぶん操作した側のパソコンに)

私は、仕事で使う機会があるので購入したのでコメントは出ません(あたりまえか)。

因みに、3%だけですが、割引になるクーポンコードがあるので、

もし、コメントが気になる or 商用利用する方は使っちゃってください。( コメントが気になるだけでは買わないと思いますが、、、)

14920-68-609583 

上級編?ですが、私はパソコンの電源切った状態で外出して、使いたい時にリモートで起動してます。

WebサーバーのテストでLinuxPC(CentOS)が常時起動しているから出来るんですが、、、

準備+手順としては、

  • ダイナミックDNSを利用して自宅のIPアドレスが分かる状態にする
  • SSHコマンドでLinuxPCにアクセスできるようになる
  • 操作されるパソコンのWake On Lan(WOL)が使える状態にする
  • LinuxPCからether-wakeコマンドでパソコンを起動する(起動したいパソコンのMACアドレスが必要)

と言った感じになります。

使っているのがCentOSだと、コマンドはこんな感じ。

/sbin/ether-wake 11:22:33:AA:BB:CC

by CentOS/CentOSのWOL(Wake-on-LAN)コマンド – Linuxと過ごす

参考になりましたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. 数井 より:

    相模原の数井と申します。

    小型風車(発電約10W程度の)の稼働状態をリモートで
    稼働状況のログ情報の自動収集を計画しています。
    そこで、現場にタイマー起動で(週に一度程度の)
    CentOS でログ情報を収集を Pocket WiFi LTE(GL04P)
    で行うことを計画しています。
    そこで、現場に設置した CentOS を収集する、専ソフ
    トでなく、TeamViewerでCentOSを操作することを検討
    しております。
    CentOS 5.5 でリモート操作するために、TeamViewerで
    インストールまでしてみましたが、必要設定項目など
    分からず困っております。
    収集する側はWinXPを予定しておりますが、よろしくご
    教授頂ければ幸いです。
    なお、TeamViewerをと検討してきるのは、回線にはProxy
    などが存在するので VNC ではだめのようです。
    よろしくお願い致します。

    • TON より:

      コメントありがとうございます。
      平野と申します。

      特にTeamViererの設定とかしなくてもつながりました。

      CentOSにTeamViewerインストールしてインターネットに接続できれば、自動的にパートナーIDとパスワードがCentOSのTeamViewerに割り当てられます。
      後は、操作する側のTeamViewerにCentOSに割り当てられたTeamViewerのパートナーIDとパスワードを入れればO.K.でした。

      GL02P持ってるので、試しにCentOSをGL02P経由でインターネットに接続させ、自宅のLANからADSL経由のインターネットでCentOSのTeamViewerにアクセスしてみましたが、問題なく操作できました。

      Proxyが存在するんですか。

      CentOS側がLTEであれば、Proxyは操作する側のWinXPかと思いますが、WinXP側のTeamViewerのオプション設定でProxyの設定が必要かもしれませんね。