ワイヤレスキーボードをロジクール K275に変えてみたら安いのに使いやすかった(マウスはゲーミングマウスG602使用中)

キーボードやマウスは有線派ですか?それともワイヤレス派ですか?

私はワイヤレス派

机の上で作業したい時に有線だとキーボードやマウスをどかすのが面倒臭い(机の上が散らかっているともいう)。

ワイヤレスだと゛ポイッ”と少し離れたところに置けちゃいますからね。

今まで使っていたのはこちら、

トラックボール付きワイヤレスキーボード TK-FDP021シリーズ

コンパクトサイズのワイヤレスキーボード。

このキーボード右上にトラックボールってのがあってマウスのかわりになるんです。

トラックボール付きワイヤレスキーボード TK-FDP021シリーズ

ボールをクルクル回すとポインターが動きます。

左上にはL/Rボタンがあって、マウスの右クリック,左クリックも出来ちゃいます。

トラックボール付きワイヤレスキーボード TK-FDP021シリーズ

以前、テレビにパソコン繋いでリビングで使おうと思った時期があって、役立つだろうと思い購入。

でも、テレビを見なくなりリビングからテレビが消えたのでほとんど使いませんでした。

そもそもテレビにパソコン繋ぐことが滅多になかった。

使わないのもったいないのでメインパソコンでずっと使ってました。

コンパクトなのはとてもよかったんですが、キーの間隔が狭く打ちずらい。。。

ブログ書く頻度を増やしたので、もう少し打ちやすいキーボードが欲しくなってしまい、、、

新しいキーボードを調達することに。

条件は、

  • ワイヤレス
  • フルサイズキーボード(通常の有線キーボードと同じ配列とキーの大きさ)
  • 3千円程度

3千円は無理かな~と思いつつも意外とあっさり見つかりました、

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ロジクール ワイヤレスキーボード K275

安くて逆に心配になりましたがレビューを見てると評判良さそう。

ロジクールワイヤレスキーボードK275

ロジクールワイヤレスキーボードK275

自動スタンバイ機能がついてて24か月も使えるらしいです(まだ二か月弱)。

箱を開けて、

ロジクールワイヤレスキーボードK275

袋から取り出し、

ロジクールワイヤレスキーボードK275内容物

キーボード側の電池に挟まってる紙を引っこ抜き、

ロジクールワイヤレスキーボードK275

電源をONにします。

ロジクールワイヤレスキーボードK275

後は、パソコン本体側にUSBレシーバを差せば(上のオレンジのマークがあるやつ)、

ロジクールワイヤレスキーボードK275レシーバー

キーボードが使えるようになります。

因みに下のUSBレシーバもロジクールですが、こちらはマウスのレシーバ。

愛用しているゲーミングマウス G602

ついでに使っているマウスもご紹介。

G602 ワイヤレス ゲーミング マウス

ゲームは全くしませんがゲーミングマウス使ってます。

ホイールクリックがたまに反応悪いのがちょっと難点ですが、手にしっかりなじんで使いやすいので気に入ってます。

それと、ホイールクリックの反応が悪い時は「フッー!」とホイールの隙間から息を吹きかけると何故か回復します。。。

エアダスターでシューとやるのがいいと思います。

ロジクールの製品(マウスやキーボード)ってUnifyingといって一つのレシーバーで最大6個まで接続出来るんですが、使っているマウスはUnifyingに非対応の独自仕様

USBポートまだ空いてるので気にしなくていいんですがなんとなく残念。

以前のキーボードとのサイズ比較

ロジクールワイヤレスキーボードK275

上:ELECOM TK-FDP021:幅266.2×奥行127.1×高さ19.2mm

下:Logicool K275:幅450x奥行155x高さ18mm

これだけサイズが違います。

所感

個人的にデザインはイマイチ感が、、、。

シンプルでいいんですけどね、ちょっとチープな感が否めない。

キーをたたく度にカチャカチャ音しますが気にならず、むしろ音がいい。

去年7月に引っ越す前は作業部屋の隣が襖を隔てて寝室だったので打音が静かな商品選んでました。

そして、このサイズ丁度いいですね。

キーがとても打ちやすい。

ワイヤレスでこの価格?って感じです。

以前はワイヤレスキーボードって5000円以上出さないと良さげな商品見つからなかったきがするんですが全体的に値段下がってきてるのかな?

とりあえず、とても満足しています。

⇒「キーボード/マウス/入力機器」を探す。

スポンサーリンク
スポンサードリンク